ハンモックで寝る民宿(ゲストハウス)

渡口の浜

アマカから1.5キロ(自転車で5、6分)

この浜を見たから、私は移住を決めたようなものです。
渡口の浜。
「とぐちのはま」と、すぐには読めませんでした。

弧を描いた白砂の浜が、目測では陸上のトラック1周分、つまり400メートルは続いています。
写真では右側に隠れた方角になりますが、伊良部島と下地島を隔てる入り江を挟んで、さらにまた同じくらいの長さのビーチが延びています。

*  *  *

夜、砂に寝転んで波の音を聞きます。
満月は、浜をさえざえと照らします。
月がなければ、天の川を流れ星がいくつも横切ります。
波音のかなたに、宮古島と来間島を結ぶ「来間大橋」のあかり。

*  *  *

浜の両端に1軒づつ、そば屋があります。(もちろん沖縄そばです。)
「伊島観光サービスの売店」と「渡口の浜食堂」。

伊島観光のメニューは、いさぎよく宮古そばのみ。
オリジナルの辛子味噌をお好みで入れて食べます。

渡口の浜食堂を、島の人は「てんぷらや」と呼びます。
揚げたてのてんぷらをテイクアウトする姿をよく見かけます。
メニューは、そのてんぷらとそば、カレー。
海を眺めながら食べられるところがなんともぜいたくです。

そばのお味は、ここでは四の五の申し上げません。現場でお確かめください。

お問い合わせ TEL 080-3277-8941

PAGETOP
Copyright © カサ・デ・アマカ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.