ハンモックで寝る民宿(ゲストハウス)

スサビミャーカ

アマカから2km(自転車で8分)

『スサビミャーカ』。製糖工場近くにある巨石墓です。
(「ミャーカ」は墓の意。「スサビ」は不明。案内板によれば、1600年ころの建造。)
家一軒ほどのスペースを、切り出した巨石(石灰岩)で垣のように囲み、中にいくつかの石棺を配置しています。
案内のクガイ会長が指さしているのは中央のもっとも大きな棺で、おそらくは「長」クラスを納めたものかと思われます。

なぜか棺の蓋は大きなサンゴ。
その一つには、かなり風化した人骨が残っていました。

*   *   *

『伊良部村史』(1978年発行)によれば、700年前の14世紀初め、伊良部島に漁撈・耕作に勤しむ人々が住んでいたという記録があるそうです。

お問い合わせ TEL 080-3277-8941

PAGETOP
Copyright © カサ・デ・アマカ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.